08日 9月 2020
第8回 博物蒐集家の応接間 Librairie Trois Bémol 参加蒐集家の紹介 antique Salon 名古屋にて10年、『光と影』『甘酸っぱい蜜と毒』といった対極にあるものをテーマに展開しています。 架空の書店・秘密結社という舞台で、メタフォーな視点でセレクトしたいと思っています。 書店の棚を彩る蒐集品、醸し出す空気感をお楽しみ頂ければと思います。
07日 9月 2020
台風10号の影響で、名古屋でも朝から強い雨風の一日となりました。 皆様のお住いの地域ではいかがでしょうか? 参加クリエイター紹介 最後を飾るのはUAMOU ソフビフィギュアを中心に、グッズやアート作品などのコレクションも展示・販売しているUAMOU BEAMS、円谷プロダクション、箱根彫刻の森美術館、その他様々なコラボレーションを展開しています。...
06日 9月 2020
第8回 博物蒐集家の応接間 Librairie Trois Bémol 参加蒐集家の紹介 sommeil フランス語で眠りを意味する sommeil - ソメイユ - 眠っているのか目醒めているのか曖昧な意識状態の中で見る夢、夢には“儚い”という意味も含まれています。どこか儚さを感じるアイテムには美しさが潜んでいます。...
05日 9月 2020
昨日の雷雨が嘘のように暑い晴れの日の名古屋。 大型台風の接近がとても気になる週末です。 参加クリエイター紹介 4人目はArii Momoyo Poettery 2012年より宗教的なモチーフ、アンティークの要素を取り入れた陶芸作品を制作。 作品には戒め”や”お守り”の意味を込め、ラテン語の格言や単語を描き記しております。...
04日 9月 2020
名古屋は朝から雷雨の1日となりました。 今週末は台風の接近も気になります。 皆様 どうぞお気を付け下さい。 さて、第8回 博物蒐集家の応接間 Librairie Trois Bémol 参加蒐集家 4店目は長野 小諸のメルキュール骨董店。 信州小諸の高原、浅間山の麓のアンティーク&キュリオジテ。 知的好奇心をくすぐる不思議なもの。 マジカルで物語性のある古いもの。...
03日 9月 2020
参加クリエイター紹介 3人目は松本 章。 前に大阪のイベントでご一緒し、松本さんの標本のデザインと完成度の高さに、いつかご一緒したいなと思っていましたが、今回実現することができました。 身近な虫たちの標本を、独自の感性と方法でデザインしています。...
01日 9月 2020
第8回 博物蒐集家の応接間 Librairie Trois Bémol 参加蒐集家 3店目は ANTIQUEROOM702。 『クラシックがもつ毒とファンタジー』をテーマにフランス、チェコを中心に世界各国、デカダンスな芸術品を蒐集し 大切に販売しています。 倉庫を改装した店内は海外のアンティークショップに迷い込んだような異空間。...
31日 8月 2020
参加クリエイター紹介 2人目は今回のアート・ワークをお願いしたスズキエイミ。 SNSで作品を観て、クラシカルな中に毒を併せ持つ2面性にとても刺激を受け、今回のアート・ワークをお願いしました。 絵画とコラージュの狭間で新たな美を追求するアーティスト。 ペインティングやオブジェも制作しています。...
31日 8月 2020
第8回 博物蒐集家の応接間 Librairie Trois Bémol 参加蒐集家の紹介 JOGLAR。 鎌倉と藤沢に店を持つJOGLARですが、藤沢店は地下もあり、洗練された店内に優しく差し込む陽射しがとても居心地が良い空間です。...
29日 8月 2020
参加クリエイターの紹介です。 兵庫でボックス・アートやコラージュを中心に活動している川島 朗。 人々の心の奥に眠る遠い記憶(ノスタルジア感情)をテーマに作品を制作していると言う川島さん。 架空の街や物語を表現した作品には、見る人の心を引き付ける魅力と、確かな技術が宿っています。 第8回博物蒐集家の応接間...

さらに表示する